2018年8月のGoogleアップデートでアフィリエイトに大打撃

パンダアップデート
ペンギンアップデート
そして昨年の健康アップデート。

グーグルの検索順位を決める、アルゴリズムの変更のことをアップデートと言うが、これまでブログを運営してきて、上であげたようなアップデートの影響を受けたことはまったくなかった。

昨年の健康アップデートでは、むしろ順位があがり、多くのPVを稼ぐことができた。

しかし、今年に入り3月や4月に実施されたアップデートでは毎回PVが下がる方向に影響を受けてきた。

それでも大きな収入現象にはつながっていなかったのだが、8月に実施されたアップデートではPVが激減することになってしまった。

メインサイトはピーク時の3分の1程度にPVが激減している。

とうとう、アフィリエイト収入だけでは、生活できない事態になってしまった。

何が原因なのかよくわからない。

ツイッターを眺めていると、原因は

・被リンクの数が再び強い影響を持つようになった。
・健康、お金関連のジャンルで(YMYLというYour money your lifeという)その専門家でない人が書いたとみられるサイトの順位が下落している。

といった意見が散見される。

私のサイトは、お金を扱ったものでもないし、健康を扱ったものでもないのだが、なぜか影響を受けている。

ただ、匿名で運営していること、そしていわゆる被リンク対策はしていないこと(人為的にリンクをつけていく、いわゆるブラックハットSEO)が影響している可能性はあると思う。

また、更新をしていないものが大きく下落したという印象を受けているとは感じた。

色々とみていると、結構充実した内容の記事のサイトも大きくPVを減らしている。

グーグルは常に「検索順位を上げるには、ユーザーに役だつコンテンツを作ることです」と言っているが、100%本当ではないと思う。

外注で高いお金を出していいライターを雇って記事を書いても、これではあまり意味がないのではないだろうか。と思う。

いい記事を書こうと思ったら、時間もたくさんかかる。その労力、時間を十分なアフィリエイト収入に結び付ける自信がないので、その時間はしばらくアルバイトに充てることにした。

対策

前々から、収入がメインサイトに偏っているリスクは認識していたので、今年に入り、サイトを4つほど新規に作っていた。

しかし、下の記事で書いたように、ロリポップサーバーを使っていたので、さっぱりインデックスされていなかったことから、収益化には程遠い状態となっている。
ロリポップはインデックスが遅いからおすすめしない

サーバーをWPXに引っ越したので、インデックスはされているが、上位表示されるにはまだまだ時間がかかるという状況だ。

残念ながら、職探しをしなくてはならない。

このアップデートの結果のPVでは、生計を立てられるだけの収入は稼げない。

非常に不利な条件のアルバイトしか見つからないだろう。

そしてもうひとつ。

アフィリエイトはやっていくとはいえ、これだけに収入を依存するのは非常に危険だ。

むしろ、サブ的に考えたほうがいいかもしれない。

これだけグーグルの意向に振り回されては、収入源として当てにするのはおそろしくリスキーだ。

そこで、かねがね検討してきたビジネスを開始することにする。

ebayでの輸出ビジネスだ。

しばらくは、アルバイトをしながら、ebay輸出ビジネスに取り組んでいくことにする。(慣れてきたら輸入も)

またしばらく試練の日々が続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする