ロリポップはインデックスが遅いからおすすめしない

この記事を見つけた人は、独自ドメインをとって、サイトやブログを運営しようという人だろう。

そして、料金が安くて、複数のブログを運営できることからレンタルサーバーはロリポップにしようかなと思っている人かもしれない。

確かにロリポップは、料金も安いし、サイトも複数運営できる。ユーザーサポートも電話でなんでも質問でき安心だ。

私もロリポップサーバーで複数のブログを運営してきた。

しかし、今後、よほどのことがない限り、ロリポップサーバーを使うことはないと思う。

というのは、検索エンジンにインデックスされるのが異常に遅いから。

特に、複数のブログを運営する場合は。。

いくらブログに記事を書いても、検索エンジンにインデックスされなければ、そのブログは世の中にに存在しないのと同じである。

検索エンジン経由のアクセスがないので、ほとんど読まれることがないのである。

ロリポップサーバーで私が運営していたブログの中には、記事を90くらい入れて、1年経過してもまったくインデックスされていないというサイトがあった。

それに対して、最近、使い始めたwpXレンタルサーバーは記事を10個ほど入れたサイトが1か月もかからずにインデックスされていた。

これを見て、ロリポップサーバーに見切りをつけることに決めたのだ。

開設してから1年経過サイトも、最近つくったサイトも新規にドメインをとり、1から作ったサイトという意味では同じだ。

よく言われるように、新規にとったドメインはなかなかグーグルにインデックスされにくいのだが、wpXレンタルサーバーのインデックスの速さには感動してしまった。

ロリポップサーバーでインデックスされにくくなった事象について

ロリポップサーバーでは、複数のブログを運営していて、現在6つほど運営している。

その全てはインデックスされているのだが、そのうち、6番目に作ったサイトは記事数が2000以上の巨大サイトとなっている。

このサイトを作った後につくったサイト、7番目、8番目というサイトが、すべてインデックスがされにくいと感じるようになった。

テクニカルな説明はよくわからないのだが、ロリポップサーバーでは、複数のサイトを運営する場合に、サブディレクトリ形式といって、フォルダを分けなくてはならない。

1番目のサイトが、www.aaa.comだとすると、2番目のサイトはwww.bbb/b.comというように、/bのようなサブディレクトリをつけなくてはならない。

そうでないと、ドメインをaaa.comとbbb.comと分けても、aaa.comはbbb.comに上書きされてしまうのだ。

そしてこのことが、グーグルボットがサイトに来ることを遅らせる原因になっているらしい。

また、複数のサイトを運営しているうちに、ログインに異様に時間がかかったり、サイトの操作が重く感じるようになった。

そして、時々サーバーエラーが起こるのも気になっていた。

ということもあって、新規でサイトを作るときは、ロリポップではなく、wpXレンタルサーバーを使うことに決めた。

また、ロリポップで運営していたサイトの一部もwpXレンタルサーバーに移管した。

WPXサーバーの欠点

wpXレンタルサーバーはサクサクと動くし、インデックスも早い。

グーグルがマストとしているサイトのSSL化も簡単に無料でできる。

ワードプレスのインストールもボタンひとつクリックするだけで簡単だ。

さすが、アフィリエイターの間で非常に評判のいいサーバーだ。

そのことは知っていたのだが、私がベトナムに住んでいた時は、このサーバーを利用することはできなかった。

どうやら、日本でしかサイトのインストールなどができないサーバーのようだ。

また、値段は1年間で1万2千円くらいと、ロリポップの2倍くらいする。

それでも、操作の快適性や、インデックスのスピードは素晴らしい。

検索エンジン経由で読まれるワードプレスブログを作りたい。という方には最初におすすめしたいサーバーと言える。

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする