初心者のPPCアフィリエイト実践記録。最初にしたこと

私はブログを作ってアフィリエイトで稼いできたアフィリエイターだ。

ブログは更新をしていないのを含めると8つほど運営している。

なので、アフィリエイトについてはまったくの初心者ではない。男ひとりくらいなら生活できるカネは稼いでいる。

PPCアフィリエイトをはじめたきっかけ

検索エンジンに集客を頼るブログアフィリエイトは検索エンジンに生殺与奪を握られている。

2018年に入り、私のメインブログは、昨年対比20%程度はページビューを減らし、それに伴ってアフィリエイトリンクのクリック数も減少している。

これは、他の要因もあるが、要因として大きいのはグーグルの検索エンジンのアルゴリズム変更だ。

幸い、大きく収入は減少はしていないが、それでもやはり収入は減っている。

この状況に危機感を覚えた私は、別の手法でお金を稼ぐことを模索した。

そして、いきついたのがPPC広告を利用したPPCアフィリエイトと言われる手法だった。

広告費を払うことでブログやサイトを上位表示させて、アクセスを呼び込み、アフィリエイト広告をクリックさせて購入させるという手法だ。

PPC広告で有名なのはグーグルアドワーズだが、PPC広告でよく利用されているのはYahooプロモーション広告、その中でもスポンサードサーチ広告という広告だ。

ブログアフィリエイトとPPCアフィリエイトの違い

ブログを用いたアフィリエイトだと、検索エンジンの検索結果で上位表示されないとブログにアクセスが来ることはないし、当然ながら稼ぐこともできない。

上位表示されるためには、コンテンツは充実させなければならないし、一生懸命書いたとしても、時間が非常にかかる。

そして、上で述べたように、検索エンジンのアルゴリズムが変更になったら、検索順位が変わるリスクには常にさらされている。

それに対して、PPC広告を使ったアフィリエイトなら、お金さえ払えば、すぐにYahooの画面の上位表示が可能で、検索エンジンのアルゴリズム変更といった影響を受けることもない。

下がPPC広告のYahooプロモーション広告の例。「バイタルアンサー」という精力剤を検索した画面。青が広告で、黄色が検索結果となる。

コンテンツの内容も、ブログのように凝る必要もない。とても簡単なものでよい。(と思っていた。)

「すぐに・簡単に上位表示」というのは、長いことブログアフィリエイトをやってきた私にとってこのうえなく魅力的に感じた。

しかし、一定の基礎知識を入手し、15個ほど広告を出してみたが、当初より簡単ではないことに気が付かされた。

この記事では、初心者PPCアフィリエイターが開始1週間でぶちあたった問題を中心に述べていきたいと思う。

初心者PPCアフィリエイターがはじめにやったこと

PPCアフィリエイトは、

1.アフィリエイトサイトを作り
2、Yahooプロモーションに広告を出稿し
3.審査が通れば、サイトが上位表示され、アクセスを集め始める。

という手順ですすめる。

有料、無料を問わず入手した多くのマニュアルで推奨されていた手法で行うことにした。

その手法とは、「商品キーワード」による広告をたくさん出稿して、よく売れて利益のとれる商品を見つけることから始めるという方法だった。

次のような例で説明するとわかりやすいだろう。

下のような「バイタルアンサー」という精力剤を紹介するサイトを作り、(なおこういうサイトをペラサイトという。)

商品名「バイタルアンサー」という商品名キーワードに通販とか購入といったキーワードをつけて、「バイタルアンサー 通販」とか「バイタルアンサー 購入」といったような「複合キーワード」を作り、広告をどんどん出していくという方法だった。

マニュアルによると、このような商品名で検索してくるユーザーはすでに商品名を知っており、さらに購入とか通販といったキーワードで買う気まんまんで検索してきているので、非常に成約率も高く、5%程度の成約率は期待できるという説明だった。

5%は20クリックに一つ売れる。ということだから、

アフィリエイト収入>広告費。となるように調整するためには、アフィリエイト収入を20で割った金額をクリック単価として広告に入札し、20クリックされても売れなければ、その商品からは撤退する。と決めるのが重要。ということだった。

マニュアルにしたがって、出稿していった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする