PPCアフィリエイトとSEOアフィリエイトは両方やるべき

一口にアフィリエイトといっても、いろいろな種類がある。

ブログアフィリエイト、サイトアフィリエイト、物販アフィリエイト、情報商材アフィリエイト。。。etc,etc。

アフィリエイトという言葉は聞いたことがあっても、それらの種類について正確に答えられる人は少ないのではないだろうか?

また、混乱のもとでもあるだろう。

しかし、広告を出す広告主から見ると、アフィリエイトには実は2種類しかない。

アフィリエイターが広告費を負担するアフィリエイトと、アフィリエイターが広告費を負担しないアフィリエイトだ。

前者の代表がPPCアフィリエイトで、後者の代表がSEOアフィリエイトである。

アフィリエイトというと、ブログやWEBサイトを作って広告を表示して収入を得ることと考えている人が多いが、これらはSEOアフィリエイトのことなのだ。

PPC広告とは

この記事で扱うPPCアフィリエイトは、PPC広告というインターネット広告を使った、広告費がかかるアフィリエイトである。

PPCとはペイ パー クリック(Pay Per Click)の略で、これはクリックされるごとに広告費を払うと意味の英語であることから名づけられた名前であり、PPCアフィリエイトは、PPC広告を活用したアフィリエイトということである。

PPC広告は、クリック課金型広告と言われることもある。

PPC広告を、下の画像で説明したい。

上の画像は、「バイタルアンサー」という精力剤を、Yahooで検索した画面だ。

水色の四角形で囲った箇所が、この「バイタルアンサー」についての広告を表示している箇所だ。

赤丸で「広告」と囲っているテキストがあるが、これらはすべて広告だ。

広告を出している人が、お金を払って、この水色のスペースに自分のサイトを露出させているのだ。

それに対して、黄色の四角形で囲っている箇所が、広告ではないが、バイタルアンサーについて扱っている記事である。

黄色の部分に出ている記事については、この記事を書いている人は、ヤフーにお金を払ったりしていない。

インターネットユーザーは、一般的に検索結果を上から見ていくので、広告や記事については、いかに上位に表示させるかが重要である。

ブログやサイトを運営している人は体験済みだと思うが、なかなか自分のサイトにアクセスがこないなあと思うことがあるだろう。

それは、ブログやサイトが検索エンジンで上位表示されていないからなのだ。

しかし、このように検索で上位に表示されるためには、「見ているユーザーの役に立つ」と検索エンジンに評価されなければならない。

そして、その検索エンジンの評価を得るために、大変な努力が費やされている。

この努力のことを、検索エンジン最適化(SEO)と言う。

ブログやサイトを作ってアフィリエイトをし、検索順位が上がるように頑張ることを、SEOアフィリエイトと言う。

それに対して、PPC広告はSEOについての努力をしなくていい。

自分のサイトを上位表示させるために、人よりお金を払えばいいのである。

また、上の画像を見てもわかるように、いくらSEOを頑張っても、PPC広告より上位に来ることはないのだ。

PPCアフィリエイトのやり方

一般的にアフィリエイト広告代理店の扱う「成果報酬型の広告」で得られる収入は、PPC広告にかかる広告費よりも大きい。

PPCアフィリエイトは、雑誌や新聞、テレビでの広告とは違い、PPC広告は売上に結び付いたかどうかの測定が簡単にできるので、売上>広告費となるように調整することが簡単。という特徴を生かしたビジネス手法である。

例えば、精力剤が1個売れたら4000円という成果報酬型の広告を紹介し、そのために、1クリック40円でPPC広告でアクセスを集めるとする。

この場合、PPC広告が100クリックされるまでにひとつ売れれば、利益がでるということになる。

PPCアフィリエイトの手順は次のとおり

1.A8ネットやAfbといったアフィリエイト広告代理店が扱う成果報酬型の広告(以下、ASP広告という)で商品紹介をする簡単なサイトを作る。
2.グーグルやヤフー、ツイッターやFacebookといったユーザーの多いサイトPPC広告を出して自分のサイトにPPC広告からユーザーを集める。
3.自分のサイトで紹介している商品やサービスのASP広告から購入してもらうことで収益をあげる。

ブログやサイトを作って、SEOを頑張って上位に表示させて広告収入を得るという意味では、SEOアフィリエイトもPPCアフィリエイトも同じである。

上位表示させる手段が違う。というだけのことである。

しかし、上位表示させるために、SEOでは多くの時間がかかるのに対し、PPCはすぐに上位表示させることができる。

時間と手間を広告費で買うと言えるだろう。

SEOアフィリエイトとPPCアフィリエイト、それぞれのメリット・デメリット

SEOアフィリエイトとPPCアフィリエイトのどちらがいいのか?

それぞれに一長一短があり、必ずしもどちらかが一方的に優れているとは言えない。

それぞれのメリット、デメリットを考えてみよう。

SEOアフィリエイトのメリット・デメリット

メリット

・広告費がかからない。
・ASP広告はすべて紹介できる。
・紹介記事にオリジナリティが発揮でき、ライバルとの差別化が図りやすい。

デメリット

・グーグルの検索エンジンのアルゴリズムに検索順位が左右される。
・検索順位の上位表示に非常に時間や手間がかかる。
・上位表示するために、サイトのコンテンツに工夫を凝らさなければならない。

PPCアフィリエイトのメリット・デメリット

メリット

・ブログやWEBサイトよりも必ず上位表示できる。
・上位表示をするために時間や手間がかからない。
・表示する場所もお金でコントロールできる。
・紹介するサイトのコンテンツはシンプルなものでいい。

デメリット

・広告費がかかり、赤字になる可能性がある。
・PPC広告の規約変更に左右される。
・PPC広告で紹介することを禁止しているASP広告があるので、全部の広告を扱えない。

SEOアフィリエイトとPPCアフィリエイトでは、メリットデメリットが裏返しの関係になっているものが多い。

両者の最大の違いは、上位表示にお金がかかるか、かからないか。ということであるが、

もうひとつ、指摘したいのは、PPC広告を扱う代理店の規約に従わなければならないということである。

例えば、PPCアフィリエイトでもっともよく使われているPPC広告代理店はYahooプロモーション広告である。

PPC広告を出す場合、当然、Yahooプロモーション広告の規約に従わなければならないのだが、ある日突然、規約が変更になり、アフィリエイトを目的とした広告は禁止する。という規約に変更になるとも限らない。

そうなると、PPC広告だけで収入を得ているとすると、突然収入はゼロになる。ということになる。

それから、SEOアフィリエイトにあわてて取り組むと、収入が発生するまでに非常に時間がかかることに呆然とするだろう。

実は、PPCアフィリエイトとSEOアフィリエイトは両方やっていると相乗効果もある。

PPC広告の規約変更といったリスクに備えるだけでなく、相乗効果もあるので、普段からPPCとSEO、両方に取り組んでおくといいだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする