アフィリエイト中級者におすすめの本「本当に稼げるアフィリエイト」レビュー

私は40代の無職男性。

他にもお金を稼ぐ方法を模索しているが、現在はアフィリエイトで生計を立てている。

とはいえ、アフィリエイトの収入内訳はクリック保証型と日本最大級のネットショッピングサイトのアフィリエイトによるもので、スキルとしては大したことはないことは自覚している。

クリック保証型、ネットショッピングサイトとも、読者にクリックしてもらえればある程度の収入は見込めるが、一方でその報酬率は低いので、得られる収入に限界を感じつつある。

収入はこの1年間ずっと同程度で、最近減少しつつある。

この状態を脱し、収入を増やしていくためには、A8.netのようなアフィリエイト広告代理店(ASPと呼ばれる)の案件を増やしていかなくてはだめだと感じている。

これらで紹介されている広告案件は、ジャンルを選べば、1件獲得すれば1万円というような案件も珍しくないからだ。

そこで、この「本当に稼げるアフィリエイト」を読んでみた。

この本のセールスポイントは、現役のASPの社員が、業界の事情にまで踏み込んで書いてあるということだ。

現役ASP役員が教える 本当に稼げるアフィリエイト アクセス数・コンバージョン率が1.5倍UPするプロの技48

本当に稼げるアフィリエイト」をお勧めする人

・アフィリエイトの仕組みがわかっており、すでに数万円から10万円程度は稼いでいる人。
・しかし、それ以上の収入を稼ぐことを難しく感じている人。

本当に稼げるアフィリエイト」の内容

まったくの初心者の人にはこの本は難しいだろう。

初心者向けの本にありがちなASPへの登録の仕方、ブログの開設の仕方といったような項目は一切かかれていない。

その代わりに

・稼ぎやすいジャンル
・案件の選び方
・稼ぐためにどういったサイトを作っていけばいいか。
・どのようなキーワードを狙っていくべきか

といった内容がかなり詳しく書かれている。

また、ジャンル別の、承認率の目安なども書かれていたり、特別単価をとりやすい申請の仕方なども書かれてあり、非常に参考になった。

アフィリエイト中級者が知っておくべきテクニックを「プロの技」と称して48の技に紹介しているのだが、それぞれ参考になることばかりだった。

ただ、残念なのは、この「プロの技」が紹介されている順番がアフィリエイトサイトを作るときの順番にはなっていない。

この本の有効な活用法としては、自分でアフィリエイトサイトを作るときのマニュアルを作るときに、適宜、「プロの技」を参照し、そのマニュアルに盛り込んでいくことだろう。

たとえば、こんな感じだ

1.ジャンルを決める。(選び方はプロの技27、32を参考)

2.ターゲットを決める。(ペルソナの作り方は、プロの技〇版参照)

3.コンテンツリストを作る。

・各記事の役割(プロの技〇番)
・どのようなキーワードを選択するか(プロの技〇番)
・各キーワードに対するライバルサイトの状況の確認(プロの技〇番)

4.各記事の構成と外注ライターへの依頼文(プロの技〇番)

5.その後の展開

・成果状況の検証と改善手法(プロの技〇番)
・サイトはあるテーマの特化型にするのか、それとも複合ジャンル型にするのか(プロの技〇番)

このような感じで自分用のマニュアルを作り、その中にこの本当に稼げるアフィリエイト
に書かれているプロの技を盛り込んでいくというのがいい方法だと思う。

本当に稼げるアフィリエイト」の残念だった点

上で書いたように、プロの技がサイトを作るうえで順番に書かれていないことが第一だが、それ以外には

・ライティング、個別記事の書き方
・SNSなどの活用

の内容は薄いように思った。

個別記事の書き方については、「沈黙のWEBライティング」などライティング専門の本で補完すべきだろう。

自分で書くにせよ、外注ライターさんに頼むにしろ、どのような文章がいいのかではやや解説が物足りないからだ。

SNSの活用は、サイトの運営が長期になれば検索エンジン中心に集客できるので、手間を考えてあまり力を入れなくてもいいような気がするが、

初期のころは、被リンク獲得への有効な手段になると思われるので、(特にノウハウ記事など、CVのための記事でなく、被リンク獲得目的の記事の場合)、SNSの使い方について言及がないのは、やはり片手落ちな気がする。

しかし、これらを考えても、「プロの技」は内容が豊富で、非常に参考になった。

アフィリエイトの初心者ではないが、報酬が伸び悩んでいる人にはとても参考になると思う。

現役ASP役員が教える 本当に稼げるアフィリエイト アクセス数・コンバージョン率が1.5倍UPするプロの技48

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする