40代無職男性の人生やり直し戦略の検討状況、そして名言

ベトナム、ホーチミンで勤めていた企業がつぶれ、日本に帰国した40代無職の独身男性です。

帰国までに帰国後のプランをあれこれと練ってはいたものの、いざやり始めるとネックとなるところも多い。

また、やはり40代という年齢は本当にやり直しがききにくい。

正直、タイムオーバーになっていると感じる。

職業人として残された期間も多くはないから、短期間でなんとか形になるものを考えなくては。。。

同じような投稿の繰り返しになるが、それだけ考えがまとまっていないということだ。

頭の整理もかねて、この記事を書くことにする。

現状

・40歳独身。自分が食べられればそれでいい。
・糖尿病と歯の治療中。
・無職、ただし、ベトナムで働いていたときに副業でやっていたアフィリエイト収入があり、一応生活は賄えている。
・ローンなしの自宅マンションといくばくかの貯金がある。

希望する未来

・将来は海外と日本をいったりきたりする生活、むしろ海外中心の生活にしたい。
・楽しく仕事をしたい。仕事でのストレスはいや。
・海外でも稼げる仕事をしたい。
・適度に充実した人間関係。
・それほど裕福でなくてもいいので、お金の心配はしたくない。

今後発生する可能性があるリスク

・アフィリエイト収入の不安定性
・親の介護
・糖尿病の悪化など、健康状態の悪化

・長期的には、消費税増加や社会保険の保障の悪化など、外的環境の変化による生活苦。

まずは、収入をどのように得ていくか

なんといっても、まずは稼ぐことを考えないと話にならない。

経済力がない男は首がないのと同じとはよく言ったものだ。

現状で考えられる稼ぐ方法を列挙していき、そのメリットデメリットを検討した。

どこかに勤める、アルバイトする

まず、どこかに雇われるのはもう年齢的に現実的ではない。

残念ながらそのようなキャリアを作ってこなかった。

現実的にはアルバイトだが、条件のよくない、下働きのような仕事になるだろう。

メリット:一応、収入が得られる
デメリット:低収入、かついつでもなくなる仕事。時間的拘束があるわりには報われない仕事。

結論:やらない。よほど金に困る状況になったら別だが。。

クラウドソーシングで雑用的な仕事をする

クラウドソーシングというのは、ネットでの仕事の仲介をするサイトを通して仕事を受発注すること。

クラウドワークスなどが有名。

時間の自由が利く案件が多いが、いかんせん単価が安い。

現状の私のスキルでできそうなものというと、ブログ向けライターとか、データ入力とかそういうものだが、ブログ向け記事を人のために書くくらいなら、自分のブログを更新したほうが金銭的にマシということはよく知っているのでやる気がない。

技術が必要とされる業務ならば、それなりの値段はつくが、現状では難しい。

メリット:時間の自由がきく
デメリット:単価が安い

結論:やらない。

アフィリエイト

場所や時間の自由が利き、かつうまくいけば非常に稼ぐことも可能。

現状はさほど儲かっているというわけでもないが、それでも一人食べるくらいの収入なら稼げている。

とはいえ、ライバルも増えているし、多く稼ごうと思ったら、記事の内容やサイトデザイン、そしてSEOといった様々な知識を必要とする。

また、グーグル次第で収入が激変するということもネック。

実際、最近グーグルの変動があり、収入が例月の20%も減少した。

何より結果がでるのに時間がとてもかかる。

そしてどれくらい稼げるかどうかは半年か1年程度たたないとわからない。

メリット:時間、場所の制約がない。自分でやるだけならたいしたコストもかからない。
本格的にやろうと思ったら、今はなどで記事を書いてもらうのが当たり前なので、結構なコストがかかる。

デメリット:上記で書いたとおり。

結論:今後も収入の柱で継続してやっていく。稼ぐためにはさらなるスキルアップが必要。

物販

・国内の店舗で買ったものをアマゾンで転売する。
・輸入品をアマゾンやヤフオクで転売する。
・日本の商品を海外に販売する。

といった方法がある。

作業内容としては、価格差のある商品を探して仕入れる、仕入れたものをアマゾンなりヤフオクなりに出品。売れたら発送する。と大きく分けて3つだ(実際はもっとこれらの業務が細分化される。)

ベトナムで検討していたのがアフィリエイトに加えて、この物販だった。

要するに安く買い、高く売って稼ぐというビジネス。

魅力はお金を稼ぐのにアフィリエイトほど時間がかからないことだった。

アフィリエイトなら収入を生み出すのはよくて半年後から1年後くらいかかるのはざらだが、転売ならば、稼げる商品さえ見つけてしまえばすぐに仕入れて売ることで1か月もたたずにお金を稼ぐことができる。

問題は、リサーチでその商品が見つかるかということだった。

それぞれリサーチをやってみたところ、アマゾンで販売する方法ではほとんど利益のとれる商品が見つからず、ebayでアンティークを仕入れて売る方法は多少見つかり、国内ものを海外に販売するのはチャンスがありそう。という感じだった。

同じことをやっているライバルはたくさんおり、しかもお互いに真似しあっているのであっという間に値段が下がり、利益が出る水準で売っているとは思えない。

いろいろ考えたが、物販はいったん留保した。

特にアマゾンで販売する方法はやらないと思う。

メリット:すぐお金が稼げること

デメリット:リサーチに時間がかかること。
仕入れ資金がそれなりに必要なこと
ヤフオクなり海外販売なら荷物保管場所が必要なこと
商品発送があることから時間と場所の制約があること。

結論:やらない。ただし、海外販売は稼げる余地はありそうなので将来はやってみたいと思う。

プログラミング

40代で未経験が就職するのは正直難しいだろうが、言語を身に着けてそれなりにコードも書けるようになれば、フリーで稼ぐ機会もあるかもしれないと検討中。

ネックは言語を身に着けられるのかということと、それなりに費用や時間がかかるのではないかということ。

そして身に着けたとして仕事はあるのか。ということだが、仕事事体はエンジニアがこれからも不足傾向があるのはわかっているので、それほど心配しなくてもいいかもしれない。(景気の波による変動はそれなりにある)

ただ、一応IT企業につとめていたので、技術はわからなくても何をやっているかはだいたいわかる。プログラマーについていえば、非常に地味なコーディング、そしてバグ取りの繰り返しだ。

横目で見ていたが、正直言ってあまり面白そうには見えなかった。

一応考えているのがPHPという言語から始めることで、最初にひとつマスターすれば、あとはその応用なので意外と、複数のプログラミング言語をマスターするのは難しくないと言われている。

いろいろ調べると、PHPを覚えて業務をやったとしても、自宅できる案件というのはほとんどなく、会社に行って行うというのがほとんどらしい。

社員ではなく、業務委託という形式だが。。

仕事をするうえで主流のパターンが、エンジニア登録サイトに登録し、興味のある案件があれば営業さんについてもらってその案件に応募し、面談してOKとなったらその企業に赴いて業務開始という方法。

まあ、確かに発注するほうからすると、リモートワークでの開発者なんて怖くて使えないかもしれないな。情報漏洩のリスクとかセキュリティを考えても。

客先常駐で業務委託というパターンだと、面接で年齢制限にひっかかるかもしれないし、何より場所と時間の自由度が高い仕事をする。という目標から遠ざかってしまう。

なんとか自由度の高い案件はないかと思って、を見てみると、時給1500円から3000円くらいの条件で在宅ワークも可能な案件はあるようだ。

ただ、この条件は相場からすると、業務は簡単なのかもしれないが、おそらくものすごく安い。

現実的には言語を覚える。→いくつかクラウドソーシングで安い仕事を請け負う。→経験を積んだら、客先常駐案件にアプライというやり方でやっていくことになるのだろう。

疑問点としては、40代が未経験からプログラマーとなって、このような客先常駐案件という仕事があるのかということが最大の疑問。

あとは修得期間とか、修得費用だな。

プログラミングスクールに行ってみてこのあたりはヒアリングしたい。

メリット: 言語をみにつければ目に見える形でスキルはつくこと。
日本だけでなく、プログラム言語は世界共通言語なので、海外でも仕事ができること。

デメリット:言語修得に一定の時間と場合によっては費用が発生すること。
時間と場所の自由度が完全に自由ということはないこと。(客先常駐案件というものが大半)
当面お金にならないこと。
プロジェクトに参画したら、納期はそれなりに厳しいこと。

結論: 覚悟してやってみる価値はあるかというところ。

続き
40代で未経験からプログラマーになることは可能か?

結論と紹介したい名言

当たり前だが、簡単にお金を稼ぐという方法はない。

自分の希望にそう仕事などそうそうないものなのだ。

何かを得ようと思ったら、時間とかお金とか、何かを必ず失わなければならない。そして本気でコミットしないと成功しない。

つくづく、人生をさぼってきた罰としかいいようがないが、他の人はそれをやってきたからそれなりの場所にいるのだ。

この間、テレビを見ていたらビートたけしがいいことを言っていた。

苦労している時間は、つらくてもそれこそが生きているという証。その時間こそ楽しめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする