無職がネットで稼ぐ。ebay輸入ヤフオク転売は儲かるのか?

ベトナムで働いていたが、帰国して無職になったのでお金を稼ぐ方法をいろいろと考えなければならない。

はじめに考えたのがアマゾン輸入転売という手法だったが、アマゾン輸入転売で稼ぐのはあきらめたので、次に同じようなビジネスとしてebay輸入ヤフオク転売。というビジネスを検討することにした。

無職がネットで稼ぐ。アマゾン輸入転売は稼げないから、あきらめた理由
アマゾンやヤフオクは知っている人が多いだろうから、説明は不要だろうが、ebayは知らない人もいるかもしれない。

ebayはヤフオクの世界版と考えるとわかりやすいだろう。

世界中の人が物を売ったり、買ったりしているオークションサイトだ。

アマゾン転売と違うところは、アマゾンで出品するものは主に新品だが、このebay輸入、ヤフオク転売は、新品でもいいがメイン商材は中古品というところだ。

アマゾンはいろいろと規約がうるさいが、ヤフオクのいいところは、ほぼ何でも売れるという自由度の高さ。

アマゾンで売りにくい、中古のアンティークや昭和レトロのおもちゃなんかは、ヤフオクではよく売られている、というよりもアマゾンでは見つけにくいので、買い手からすれば、ヤフオクこそがメインの買うところだろう。

やり方は、オークファンというサイトで、過去に売れている輸入商品を探し、ebayで同じものが売られていないかを探し、過去の販売実績から価格差があるようなら仕入れて売るという方法。

アンティーク品、古いおもちゃといった中古品から調べていくと、価格差のある商品が見つかることもある。

アマゾン輸入転売よりは、稼げる可能性がある。というところだろう。

この理由は、アマゾン輸入転売は扱う商材が新品が中心なので、だれでも手に入れることができるし、値段も最安値がすぐにわかってしまう。

一方で中古品は、すでに絶版だったりで生産されていない。

そのため、価格はあってないようなものなのだ。

買い手が納得したら買うのであり、その価格は相場となってあまり大きく値崩れしない。

また、マニア向け商品を扱うので、そういう人たちは金に糸目をつけずに買ってくれることが多い。

そういうわけで、アマゾン輸入転売よりは利益がとれる商品は多いだろう。

さらに、ヤフオクは出品者の評価が重要な意味を持つ市場なので、いい評価がたまればたまるほど売りやすくなるという、ブランド化の効果も多少は期待できる。

デメリットはやはり発送、梱包、保管を自分でやらなければならないところだろう。

また、絶望的に儲かる商品が見つからないアマゾン輸入転売に比べればましだが、リサーチにはそれなりに時間がかかるし、一回儲かる商品が見つかったからといって、独占販売でもしない限り、いずれ儲からなくなるのはアマゾンと仕組みは同じだ。

個人的にはやろうかなとも思ったが、場所や時間の自由がなくなるのがいやで見合わせることにした。

なお、ebayでの日本商品の輸出に興味があったので、買ったのが下の本だが、ebayでの輸入にも対応していて、説明がわかりやすかったのが下の本で、一応紹介しておこうと思う。

eBay個人輸入&輸出 はじめる&儲ける 超実践テク (コレだけ! 技)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする