40代独身男性があげた、ベトナム女性に喜ばれたプレゼントまとめ

女性がプレゼントが好きなのは、日本人も外国人も変わらない。

私もベトナムで生活していたとき、仲良くなりたいな。と思ったベトナム人女の子にはプレゼントを渡して仲良くなってきた。

この記事ではさえない40代のおっさんの私が、ベトナム人女性に渡したプレゼントで喜ばれたお土産をご紹介しよう。

和雑貨

知り合ったばかりの子にいきなり高価なものをあげるというのは、もらうほうの女の子も困ってしまうものだ。

ベトナム人女性は、デートでの食事などはおごってもらうのは当然という子が多いが、プレゼントはもらうと、なぜかお返ししようという気になるらしい。

それであまり高いものをもらってしまうと、彼女たちも何でお返ししていいか、困ってしまうだろう。

ベトナム女性たちのお給料は月500ドルくらい。

つつましい生活をしている子が大半だ。高価なものをもらってしまい、申し訳ないと思ってしまってかえって距離が縮まらないかもしれない。

そういうわけで、最初に渡すプレゼントとしては、小さな和雑貨がいいだろう。

小さいので大して高くないし、それでいて日本製のもの、めずらしいものは人気がある。

桜や浮世絵をモチーフにした財布とか小物入れ、日本でしか売っていないようなハローキティのグッズなどが喜ばれる。

「かわいい」は世界共通で、ベトナム女子も可愛い雑貨が大好きだ。

旅行ではなく住む目的でベトナムに行くというのなら、少しバラマキ土産を買っていこう。

面倒ならこんな感じで和雑貨専門店でまとめて買ってもっていってもいいだろう。

化粧品、特にコラーゲン

ベトナム女子はすっぴんの子が多いが、紫外線が肌に悪いことは知っている。そして南国は紫外線が強い。

本当は、スキンケアをしたいし、実際にしているが、化粧品やスキンケア商品は彼女たちにとっては、まだまだ高い。

割安な韓国製化粧品を使っている女子が多いが、欧米系ブランドや日本製品にももちろん興味がある。

特に色白であることは、ベトナムに限らず東南アジアでは美女の条件とされているので美白系化粧品に興味を示さないベトナム女性は少ない。

ベトナムでもよく広告を見かける雪肌精

コーセー 雪肌精 化粧水 500ml【限定】

ホーチミンのデパート、ダイヤモンドプラザやビンコムセンター、高島屋の1Fは化粧品売り場となっていて、日本の化粧品会社も多く出店している。

ベトナム女子たちは興味はあるのだろうが、その値段のために敬遠しているというのが実情のようだ。

そこで、本命の子には、日本の化粧品をプレゼントしてみよう。

また、30代くらいのベトナム女子になってくると、急に欲しがり出すのがコラーゲン商品。

日本のコラーゲン商品をベトナムで売っているベトナム人もいるが、非常に高い。

欲しいかどうか聞いてみて、興味があるようならプレゼントしてみよう。

感激するだろう。

ベトナムでもよく売られているコラーゲンサプリ。日本よりももちろん高く売られていて、彼女たちには高根の花だ。

DHC コラーゲン 60日分 360粒

日本語の教科書

これは真面目な子に限るが、一般的にベトナム人の語学習得熱は非常に高い。

なぜなら、語学の修得がいい就職につながることを知っているから。

日本人男性と知り合いになりたがるのも、語学の練習相手になってほしい。というニーズもあるからだ。

ひらたくいってしまえば、無料の日本語の先生になってほしい。というわけ。

お金持ちの子なら日本語学校に行って、「みんなの日本語(ベトナム語版)
」という有名な教科書つかって勉強したりしているが、なかには意味がつたわらないような日本語がかかれた教科書で勉強している子もいる。

また、ある程度日本語が得意な子だと、さらにうまくなるように、練習したいのだがその教材がないのでなかなか上達しないということもある。

特に、漢字の練習。

みんなの日本語(ベトナム語版)」は日本語を勉強する外国人のためのテキストのシリーズだが、この漢字の練習帳を持っている人は見かけたことがない。

日本語上達意欲の高い女の子には喜ばれるだろう。

みんなの日本語 初級I 第2版 漢字練習帳

なお、日本のアマゾンは、ベトナムにも送ってくれる。

本は持参するとかさばるので必要に応じて購入してもいいだろう。

このように、ベトナムに住んだからといって、日本の銀行やクレジットカードが不要になるということはなく、むしろ利用機会は多いのだ。

アマゾンで買い物するためには基本的にクレジットカード、そして銀行口座が必要。

楽天銀行は海外ATMでもお金が下せるし、さらに利用するとポイントもたまる。他の都銀や地銀のカードでは海外ATMで下せないので非常に重宝する。

楽天カードはいわずもがな。

この2つを使ううちにポイントは知らず知らずにたまり、たまったポイントは楽天トラベルで使えるので、東南アジア近隣諸国の旅行や日本の一時帰国時にも有効に活用できる。

持っていないという人は、ベトナムに行く前に、楽天銀行楽天カードの口座は作っていこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする