ベトナムのIT企業の事情

日本企業の多くがベトナムに進出しているが、その中でも多いのがIT企業だ。

DeNAなど有名なところはもちろん進出しているが、多いのは中小企業。

通信環境とPCとプログラマーさえ用意できれば、日本での業務の下請けとして使える。それも、低賃金のプログラマーを雇える。

という理由で進出している。

ベトナム人プログラマーの給料は、おおむね月500ドルから2000ドルくらい。

いくらなかなか給料があがらないといわれている日本でも、日本人プログラマーをこんなに安い給料で採用できないだろう。

業務としてはWEBサイト構築やアプリ開発、最近はやりの仮想通貨関連も増えてきている。

製造業だと生産設備を本国から輸出したりして、大掛かりになるが、ベトナムではPCは簡単に調達できてしまいるので本当にたくさんの企業が進出している。

と書くとベトナムへの進出は簡単そうだが、実際はそうでもない。

ベトナムでIT企業に就職活動する際の業界事情として知っておくとよいと思うので事情を紹介する。

ベトナム人プログラマーの給料は増加傾向

低賃金のプログラマーが欲しい。というのは日系企業だけではなく、欧米系の企業も同じだ。

なので、いくら若い人材が豊富なベトナムとはいえ、プログラマーは取り合いとなっている。

そのため、ベトナム人プログラマーは転職も多い。

給料があがることが多いので彼らはすぐに転職してしまう。

また、ベトナム人からすると日本企業より欧米系企業のほうが一般的には人気が高い。

その理由は言葉の問題。

ベトナム人は英語は話せる人が多いが、日本語は必ずしもそうではない。

彼らからすれば、上司と直接英語でコミュニケーションできるほうが楽だし、安心感もあるのだ。

そのため、プログラマーを採用したくても、両方から内定が出れば、ベトナム人プログラマーは欧米企業を選ぶことが多い。

海外就職したい人にいいたいのは、せめて英語で現地スタッフとコミュニケーションはできるくらいになろう。ということだ。

採用された後に、現地スタッフと直接コミュニケーションできるようになれば、彼らも仲良くなってくれるし、そういう姿を見れば日本人上司も安心してくれるだろう。

日本人上司の大きな不安のひとつは、ベトナム人プログラマーにやめられることだからだ。

よく言葉ができないのに、海外行けばなんとかなるだろう。みたいな人もいて何とかなることもあるのだが、それでも英語はマストだと思うくらいがいいと思う。

それに英語はできたほうが断然便利だし、楽しい。

ベトナム女子との出会いの機会も増える。

私は30代まで英語はまったくだめだったが、33歳から勉強をはじめて35歳には話せるようになった。

私の英語勉強法は下の記事を参考に。
東南アジアで働くのに、必要な英語力とやり直し英語学習法

日本語のできるベトナム人エンジニアは数が少なく、争奪戦

日本語のできるベトナム人エンジニアは、各社で争奪戦となっている。

基本的にベトナムのIT企業は、日本本社の下請けなので、日本から日本語で指示がきて、それを日本語がわからないベトナム人プログラマーがコーディングする。

そこで活躍するのが日本本社とベトナム人プログラマーをつなぐ、日本語のできるベトナム人エンジニアなのだが、もちろんそれほど数が多いわけではなく、各社で取り合いとなっている。

日本語のできるベトナム人エンジニアは管理職的な立場となるが、彼らの数が増えないと、その部下であるベトナム人プログラマーも増えない。

オフィスの家賃にもよるが、ベトナム人プログラマーは最低でも40人程度はいないと、家賃や総務の人の給料がペイできずに私のいた会社のようにつぶれてしまうことになる。

一番いいのは、日本本社からも英語で指示がきて、直接、ベトナム人プログラマーとコミュニケーションできる体制が整っていること。

それができている会社なら、ベトナム人プログラマーの数を増やすのは難しくないので、人が足りなくてつぶれる。というリスクは少なくなる。

なので、就職活動する際に、英語がどの程度活用されているか質問してみるといいと思う。

日本語だけです・という会社は、安心かもしれないが、撤退リスクも高い。と考えたほうがいいだろう。

一定の技術のあるプログラマーやエンジニアならば、英語ができなくても、ベトナムで仕事を見つけるのは難しくはない。

しかし、ベトナム人プログラマーを指導する立場になることを期待されているはずであり、そのための言語は日本語ではなくて英語であることはほとんど。

プログラミング技術があっても、それだけにあぐらをかかずに、英語の修得はしておくべきだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする