海外で人生をやり直したいが、クレジットカードが作れない場合はデビットカードを作ろう

海外で働く場合には、クレジットカードはほぼ必須だ。

買い物はもちろん、近隣諸国への旅行の機会が多くなるので、航空券やホテルの予約で頻繁に使うことになるだろう。

多額の現金を海外にもってきて自宅に保管というようなことは、危険なので絶対にさけるべきだ。

めったにないことだが、住んでいるアパートやコンドミニアムを掃除する人が盗むということがないこともないのだ。

海外で生活したら、もちろんその国の銀行口座を開設することになるだろうが、「いざ」という時は必ずある。

そんなときに、日本の銀行口座から現地ATMでお金をおろしたり買い物ができるクレジットカードは最強のお守りだ。

もちろん、クレジットカードについている保険も頼りになる存在だ。

しかし。

年収が低かった。勤続年数が短かった。過去に支払遅延を起こしてしまった。。。

などの理由でクレジットカードが作れないという人もいるだろう。

海外生活を送るうえでクレジットカードを持てないというのは大きなハンデとなってしまう。

そういう場合はどうするか。

知っている人も多いと思うが、デビットカードを作るという方法がある。

クレジットカードと同様に、店頭で買い物やATMでお金をおろすことができるが、クレジットカードとは別のものだ。

もちろん、海外でも使うことができる。

その違いを説明していこう。

デビットカードとクレジットカードの違い

1.デビットカードは借金ではない。

デビットカードは、借金ではなく、買い物をしたり、ATMでお金をおろしたりしたら、その場ですぐに銀行口座から引き落としされる。

リボ払いのような分割払いは不可能で、一括払いとなる。

それに対してクレジットカードはたいてい翌月に引き落とされる。リボ払いのような分割払いも可能だが、リボ払いは長期間にわたって返済していく借金だ。当然、利息もかかってくる。

2.利用限度額

デビットカードの利用限度額は、口座に入金されている金額が上限。

それに対して、クレジットカードはカード種類や利用者の利用状況によって利用限度額が変わってくる。

3.デビットカードには審査がない

クレジットカードは年収、勤続年数などで発行されるかどうかの審査がある。

クレジットカード会社の規定にあわない条件であれば、発行されないこともある。審査に落ちるというやつだ。

クレジットカードは要するに借金なので、カード会社がもっとも心配なのは貸したお金が返ってこないこと。

そのリスクのありそうな人=年収が低かったり、勤続年数が短いというような人にはお金を貸したくない、つまり、クレジットカードを発行したくないということだ。

それに対して、デビットカードは借金ではないので、審査はない。また、クレジットカードは18歳以上からだが、デビットカードは15歳以上から持つことができる。

要するに、社会人であれば、だれでもデビットカードは持つことができるのだ。

デビットカードの海外生活でのメリット

クレジットカードと同様に、店頭でも海外ATMからの引き落としが可能ということ。

これで日本円の現金を持ち歩かなくてもいい。スリや盗難を心配しなくていいという安心感が得られる。

日本に比べれば、東南アジアはこうした事件は少なくないのが現状だ。

さらに、クレジットカードにはないメリットがデビットカードにはある。

クレジットカードよりも外貨換算手数料が低かったり、使ったらその場で通知してくれたり、残高確認もクレジットカードより簡単というメリットがある。

そして、もっとも大きいのが、スキミング被害にあいにくい。ということだ。

東南アジア、特に観光地ではスキミング事件が頻繁に報道されている。

スキミングとはATMでお金を引き出すときに、設置された磁気テープ読み取り装置と、隠しカメラによって暗証番号が盗み見られ、読み取られたカードの磁気テープをもとにカードのコピーが作られ、そのコピーカードでお金が引き出されるということだ。

クレジットカードだと上限いっぱいまで利用されてしまったりする。すぐに気づけばいいが、旅行中だったりするとそのようなチェックも怠りがちとなってしまう。

しかし、デビットカードだと、利用したらすぐに通知が来るように設定でき、さらに残高確認も簡単なのでスキミング被害の可能性を小さくすることができるのだ。

デビットカードは作成するのは無料で、ATMから引き出す時の外貨交換手数料もクレジットカードより低いカードもあるので、クレジットカードを持っている人でも、海外短期滞在なら作成しておくことがおすすめなくらいだ。

海外生活をはじめるときに作っておくべきデビットカード

1.マネパカード


マネパカード

クレジットカードを持っていたとしても、このマネパカードは、作っておいてもいいくらい利用価値の高いカードだ。

もちろん、作成は無料、年会費などの費用もいっさいかからない。

それではメリットを紹介していこう。

1.手数料がクレジットカードや他社のカードに比べてダントツに安い。

クレジットカードやデビットカードでは、海外ATM利用時やショッピングの際に、外貨交換や事務手数料の名目で結構な手数料がかかってしまう。

ところがマネパカードだと、下の表のようにこれらの手数料がデビットカード業界最安だ。

2.国内で買い物をしても最大2%キャッシュバックされる。

海外で生活していたとしても、1年に1回程度は日本に帰ってくることもあるだろう。

そんなときでも、マネパカードは日本でもそのまま使える。

しかも、最大2%のキャッシュバックを受けられるのだ。

マネパカードが他のデビットカードと違う、最大の特徴とメリットは、マネパカードの運営会社マネーパートナーズのFX口座とあわせて使うことで発揮される。

基本還元率は1%だが、マネーパートナーズのFX口座も開設すると1.2%、さらに月間100万通貨取引すると2%の還元率が得られる。



FX取引をするかしないかは人それぞれだが、口座を開設するだけで得になるのだからあけておいて損はないだろう。もちろんFX口座開設手数料は無料だ。

3.マネーパートナーズのFX取引を通して購入した外貨を入金して使うことができる。

私はこれが一番のメリットだと思う。

FXというと、ギャンブル、投資、大損するかも。という人もいるかもしれない。

通常、FXは、例えば1万円の担保で最大で25万円分の外貨を買ったり売ったりでき、そうなると儲かれば大きいがもちろん大損することも多い。

しかし、そのような投機的な取引ではなく、生活費などに必要な外貨を購入することもできる。例えば1万円分の米ドルを買うというようなことだ。そしてFX口座で買った1万円分の米ドルをこのマネパカードに入金して使えるのだ。

外貨への両替を銀行ではなくて、FX会社で行うメリットはその手数料の安さだ。

銀行や空港で、外貨交換をしたことがある人もいると思うが、手数料の高さに驚いたことはないだろうか。

簡単にするために、1ドル100円のときに、10万円分米ドルを買ったとしよう。

銀行や空港だと、1ドル100円に、手数料分の2円くらいのせられる。つまり102円で買うことになるので、10万円の両替で手数料で2千円かかる。

ところが、マネパのFX口座だと、その手数料が170円になるのだ。

そうすると、円高のときに、ドルを買っておいてマネパカードにためておくということができる。

海外で生活するなら、クレジットカードを作れない人はもちろん、持っている人でも、相当得できるカードといえるだろう。

マネパカード

マネパカード

2.キャッシュパスポート

キャッシュパスポート

デビットカードならマネパカード一択でいいと思うが、このカードの特徴はT-POINTがためられるということ。

T-POINTの加盟店をよく使うという方なら、持っていてもいいのではないだろうか。



キャッシュパスポート

3.JTB MoneyT Global

旅行代理店大手のJTBが発行しているデビットカード。

特典はないのだが、世界中にあるJTBデスクで何かあったときに相談でき、使用時にメールで通知されてくるということ、さらに、自然災害や事件などがあったら危険回避速報がメールで受け取れるというサービスがある。

安全性重視の方にはいいのではないだろうか。

以上、クレジットカードは海外生活では必須の一枚といえるが、なくてもデビットカードでも大丈夫だし、クレジットカードがなくてもそれぞれ便利なサービスがある。

クレジットカードの作れない人はぜひ海外に飛び込む前に作っていってほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする